【ジーナ式】2歳でセルフねんねできない&大泣き・退室する子の対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2歳0ヶ月になったら突然セルフねんねを嫌がるようになった

うちの子どもは生後2ヶ月からジーナ式ネントレをスタートし、寝室に連れて行くと一人で寝られるセルフねんねを習得しています。

セルフねんねはとっても助かります。毎日の寝かしつけの時間がないので、自分の時間が取れます。
2歳0ヶ月のスケジュールはこんな感じです。

2歳0ヶ月のスケジュール
7:00 起床・朝食
8:30 保育園
12:00 昼食
13:00 保育園で0.5〜1.5時間昼寝(土日は1時間45分昼寝)
17:30 夕食
18:30 お風呂
20:00 就寝


ただ、子どもが2歳0ヶ月になったとき、急に夜一人で寝室にいるのを嫌がり大泣きするように。
果ては、布団からドアに向かって歩き寝室のドアを開けて出てくるように・・・(真っ暗で扉も見えないのに!!)
部屋から出てきて私の顔を見ると泣き止み、ニコニコしながら「起きたー」「寝ないー」と言います。
「寝るよ」と言って一緒に寝室に戻るところまではいいのですが、親が退室すると泣く
ちょっと隣にいて落ち着かせてからでも泣きます。

せっかく0歳のときからジーナ式を親子でがんばってきて、親子ともに良いスケジュールで過ごせているのでセルフねんねは絶対死守したいところ。
そこでセルフねんね復活の方法を考えてみました。

大泣きして寝室から出てくる子どもがセルフねんねできた方法

うちの2歳児がセルフねんねを復活できた方法は「子どもにしっかりと説明すること」でした。

母

これまでも我が家は1歳3ヶ月で卒乳したときも、2歳で保育園に入園したときも、事前にちゃんと説明することで、子どもが大泣きすることを防ぐことができていました。


今回は、お風呂に入っているときにセルフねんねすることを伝えるようにしました。

母

まるこはお風呂から出たら、おむつを履いて、パジャマを着て、歯磨きして、おもちゃを片付けて、絵本を読んで、くまちゃん(ぬいぐるみ)とねんね。
まるこは寝室で一人でねんねできる?

まるこ
まるこ

ひとりでねんねしない

母

一人でねんねよ。お母さんはまるこがねんねしたら食器を洗って、明日のご飯の準備をするよ。
それが終わって、まるこが寝てから隣で一緒にねんねするね。
(我が家は布団は別ですが、同じ寝室で寝ています。)

まるこ
まるこ

おかあさん、ごはん。。。

これをお風呂で伝え、寝る前にも伝えました。

この方法を試した初日、絵本を読んで私が「おやすみ」と寝室から退室すると、泣きはしたものの、以前とは明らかに泣き声が違い、眠りにつきそうな気配が。
ベビーモニターで別室から見守っていると、泣き止み一人で眠りにつきました
よかった!

もちろん、翌朝には

母

一人でねんねできたね〜すごいすごい〜

と褒めました。

まるこ
まるこ

まるこ、すごーい(ニコニコ)

2日目、退室時にまた少し泣きましたが、前日よりも早く泣き止み、一人で寝付きました。

3日目。泣かず、一人でねんねしました。

それ以降も泣かずにセルフねんねしてくれました。
これに慣れてくると、説明をしなくてもセルフねんねしてくれます

ただ、保育園でお友だちとケンカしたり何かあった日は泣いたりすることがあるので説明をするようにしています。
保育園にお迎えに行くと、甘えてきたり普段と様子がちがう日があり、そんな日はセルフねんねを嫌がって泣きます。
事前に「今日はセルフねんね嫌がるかも・・・」とわかる日にはお風呂でセルフねんねすることを子どもにしっかり伝えるようにしています。

2歳でも親の都合をちゃんとわかってくれる

今回の件で、2歳でも親の都合をちゃんと理解してくれるんだなと実感した出来事でした。

まるこ
まるこ

ひとりでねんね

と自分で言い聞かせている姿はいじらしいです。

セルフねんねしてくれると、親は寝かしつけの時間が不要で、ストレスフリーで助かっています。